2014年8月21日木曜日

奇跡を起こす日本文理

おはようございます、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。

今朝は高校野球で新潟県代表の日本文理がまたやってくれました。
本日富山商の非常に好試合を制してくれました。

前にも書きましたが、日本文理は伝統的に打力のチームです。
これって監督の指導法と練習の賜物なんでしょうね。

しかし、伝統的に投手力は若干弱いのです。
だから、日本文理の試合は打撃戦になることが多いのです。

今回も好投手を打ち破ってのベスト8入りです。
東邦戦でも日本文理が好投手を攻略して好試合を制しました。

さすがに3回戦に入りさらに強豪の対戦校ですが、それすら、ものともせずに、最後は劇的な、逆転サヨナラホームランで試合を制しました。

最後まであきらめなかったから、今回の結果が生まれた。

それは実は半分しか言い当ててない気がします。
チーム全体で気が遠くなるような、打撃練習を繰り返し、普通の高校なら4番を打っているような選手が2番とか3番とか5番とか6番を打っているわけです。

対戦相手の投手はたまったものではありません。
やっと4番が終わったと思ったら、5番も6番も非常にシャープなバッテングが出来、さらにホームランも打てるとなると、気が抜ける所がない訳で、疲労も普通よりはるかに疲れるはずです。

だから、後半になると対戦投手が息絶えて、日本文理打線の餌食になることが多いのです。

実は新潟大会も決勝戦で9回に対戦相手をホームランで逆転して甲子園出場を果たしました。

そして、今回もこのようなドラマを演じたわけです。

プロボクシングヘビー級マイク・タイソンは全盛期は天才ボクサーと呼ばれましたが、偶然に繰り出されるKOパンチは実は、練習において、考えなくても反射的に出るほど体に刷り込んだ結果のパンチだそうです。

きっと日本文理も、考えなくても、甘い球が来たら勝手に体が動くほど練習を重ねた結果なんでしょうね。

よし、ここまで来たらあの夢をもう一度。
もう2つ勝って決勝戦まで行きましょ。

さて、とりあえず対戦相手はまだ決まっていませんが、明日22日15:30からの第三試合応援しましょう。


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。
このブログはBlogランキングに参加しています。
      ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

   新潟県 ブログランキングへ


★★ナステビュウ湯の山からお知らせ★★

● 定休日 第二金曜日 次回の定休日は9月12日(金)になります。