2014年8月13日水曜日

お盆の風習について。

今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。

今日からいよいよお盆です。
所で「お盆」って本当の意味を理解している人は何人いつでしょうか?
お盆には色々な説があるのですが、中国から入ってきたのが、日本の風土に同化し、一般的に先祖を供養する行事になっているようです。

そのクライマックスはお墓詣りですね。
現在のお盆では、死者が年に一度帰って来るという信仰に基づいた儀式が各地で行われています。
お墓におまいすることが、一般的ですが、「精霊流し」や「灯篭流し」を行なう地域もあります。

お盆の時期は地方によって異なりますが、現在は一般的には8月の13日から8月16日までの4日間が一般的です。

地域によっては僧侶を呼び初盆・新盆の法要をするほか、お墓参りが行なわれます。その他に迎え火、送り火を炊く風習があります。

要するに色々なんですね。
ちなみに、お墓参りは新潟県でも13日にお参りに行く地域と、松之山では14日の早朝に行く野が風習になっています。

僕はお盆の基本は、先祖を敬い、感謝する期間ではないかと思っています。

特に日本は大東亜戦争(二次大戦)では多くの尊い犠牲を出しました。
そして、その礎の上に繁栄してきました。

明日その事のブログを書く用意をしています。
お盆にはその御霊にも感謝することが必要だと、個人的には感じています。

有りがたい事なんですが、お盆はお客様が大勢お越しいただき、ヘロヘロに疲れちゃうんですよ。
でも頑張ります。


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。
このブログはBlogランキングに参加しています。
      ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

   新潟県 ブログランキングへ


★★ナステビュウ湯の山からお知らせ★★

お盆期間の営業時間
8月13日~17日  AM10時~PM10時(最終の受付時間PM9:30)
食堂営業時間 AM11:00時~PM8:00時

● 定休日 第二金曜日 次回の定休日は9月12日(金)になります。