2014年7月16日水曜日

花の小松原湿原

個性的なワタスゲ
こんんちは、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。

実は昨日、富士山のトレーニングを兼ねて小松原湿原に行って来ました。
この時期楽しみなのが、ワタスゲを中心とした花の多さに目を奪われますから。

特に今年のワタスゲは花が多いですね。
メインの湿原はそれほどではないのですが、下部の湿原は例年になく花は豊富でした。

ワタスゲを見ていると、本当に面白いです。
それぞれに個性があるんですね。
ヘアースタイルが色々あるんですね。

見ているだけで、楽しくなります。

あ、このヘアースタイル○×に似ている。
見れば見るほど楽しいです。



イワイチョウ
足元を見ると、やや時期は過ぎていますがイワイチョウが最後の花を咲かせていました。
ショウブの花の様に、ややきゃしゃの花ですよね。

一見似てますが、ツマトリソウはチングルマに似たしっかりした花で非常に可憐な花ですね。








ツマトリソウ
















トキソウ
 この花を見ると、一目でわかりますよね。
本当に朱鷺が空を舞っているがごときの可憐さと、美しさを備えています。

こんな可憐な花が通路の横に沢山咲いていました。

湿原の周りには、スズランの花を濃い赤に色どうったような ベニサラサドウダンが咲いていました。
花の量も多いし迫力りますね。

湿原の脇役、食虫植物のモウセンゴケ。
今回は昆虫を捕食している姿を探しましたが、あまり見つからず、ようやく1枚発見したので、撮影してきました。


以上、今回はすべて私が小松原湿原で撮影した写真です。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。
このブログはBlogランキングに参加しています。
      ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

   新潟県 ブログランキングへ


★★ナステビュウ湯の山からお知らせ★★

● 定休日 第二金曜日 次回の定休日は7月11日(金)になります。