2014年6月17日火曜日

猫は元気です。

今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。

当家の猫(すみれ♀)が避妊施術してから2週間以上経ちました。
避妊手術したのが、5月の末でしたから、もうそんな感じでしょうか。

前にも、猫の避妊手術で書きましたが、可愛そうな気もしますが、適切な判断だと思っています。
これから、15年一緒に暮らしていく為の処置なんです。

ブリーダーになるんだったら、避妊なんてダメなんですが、僕らは猫と一緒に暮らしていきたいと思っています。
これから、時期になると彼女は発情し、ストレスを感じて毎年その時期が過ぎるのを待つか、それともそのようなストレスとは無縁の生活を過ごした方が幸せか?
猫のためにもなると思いませんか。

んん、発情ストレスか、、、、、僕もどうせ子供がいないので、去勢した方が良かったかも(笑)
でも、人間の場合はそのような、ストレスが人間形成の役に立ったり、そのエネルギーをばねにして頑張ったりするからねぇ。

それに、人間と猫では発情のエネルギーが違いますからね。

ただ心配していたのが、彼女が手術後に具合が悪くなって、最悪死んでしまったりすると、かなり後悔してしまうでしょうが、そんな危険な手術じゃないしね。

猫を飼っている皆さんは、ご存じだと思いますが、避妊手術はオスより雌猫の方が費用が掛かります。
それだけ、手術も大変だってことですが。

1日以上の入院も必要です。
費用は獣医さんによって違うでしょうが、2~3万円位だと思います。

猫や犬の飼い主が、皆さん同じような意識を持ってもらって、不幸な子供を産まないようにすれば、野良猫や野良犬の数もだいぶ減ってくると思います。

猫や犬は長い間人間に飼われて来ました。
その結果、野生では生きていく能力が低下してしまって、殆ど数年で死んでしまうようです。

飼い主は、生まれる子供のことも考えて、ペットを飼うことも責任の一つだと思うのです。


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。
このブログはBlogランキングに参加しています。
      ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

新潟県 ブログランキングへ


★★ナステビュウ湯の山からお知らせ★★

● 定休日 第二金曜日 次回の定休日は6月13日(金)になります。