2014年4月7日月曜日

雪下ニンジンジュース作りました。

数はまちまちですが、どの袋も約1キロ入っています。
いよいよ、雪下ニンジンのシーズンがやってきました。
これから、本格的にニンジンが雪の下から掘り出される予定です。

ではその雪下ニンジンでジュースを作るとどの位できるのか?
試してみました。

今回は当館の売店でも売っている、ニンジン約1キロ
それを低速石臼方式のジューサーで絞ってみました。

1キロを絞ると600gのジュースが出来ます。
まず、ニンジンを縦割りに2等分して、半円になった部分を三等分して、ニンジンステックを作り、ジューサーの中に放り込みます。

別に押さなくても、低速石臼方式では、自然に機械の中に取り込まれていきます。
ステックが大きすぎたのか、2度ほど止まりましたが、逆回転ですぐに復旧します。

絞り時間トータル5分位でしょうか、ニンジン生絞りジュースの出来上がり。

実はニンジンは鉄分が多いので、放置しておくと黒く変色してきますが、今回はすぐに飲むのでそのままです。

後で飲む場合は、クエン酸など酸化防止剤を入れた方が色は変わりませんが、味が酸味が強くなります。

ここら辺は、どちらが良いとも言えません。

そして、出来上がったニンジンを測ってみると、600ccありました。

コップ3半分ですね。
約コップ3杯のジュースが出来ました。
雪下ニンジンは水分量が多いので、夏場のニンジンより沢山のジュースが出来んでしょう。

出来上がったニンジンジュースを試飲してみました。
普通のニンジンジュースよりはるかに、癖が無く甘みも感じます。

しかし、少し人参の生臭い感じも残っていました。
しかし、貴重な美味しいジュースでした。

皆さんもぜひ、ご自宅で試されてください。


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。
このブログはBlogランキングに参加しています。
      ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ


★★ナステビュウ湯の山からお知らせ★★

● 定休日 第二金曜日

● 食堂の営業時間
   開始時間AM10:30~ラストオダーPM7:00

※2014年の3月31日までに購入した回数券は、その後も追加料金なしでご利用できます。