2014年2月13日木曜日

オリンピックのドラマ



おはようございます、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。

ソチオリンピック日本にとって3個目のメダルをノルディック複合男子ノーマルヒル、渡部暁斗が銀メダルを獲得しまた。
失礼ならが、あまり注目しない選手だったので、少し意外な感じがしたかもしれませんが、本当におめでとうございます。

今回のニュースは新聞ではまだ読んでいませんが、昨日ネットのニュースで読み、テレビの放送で見ました。

今回は、渡部選手よりも荻原次晴解説員の方が注目を集めています。
荻原兄弟は、日本でのノルデック複合をメジャーな競技にしました。
その後、低迷が続き20年間もメダルが無い時期が続きました。

そんな苦しい時期が渡部選手が金メダルを取る事により、今までの事が蘇ったんでしょうね。
放送中にもかかわらず、号泣したと言うニュースがネット上で駆け巡りました。

さらに、大活躍のスノボの裏方に、前回バンクーバーオリンピックで服装の乱れを批判された国母和宏さんがいました。

彼は現在本拠地をアメリカに移し、生活費の全てをスノボで稼ぎ出しているプロです。
しかし、今回はソチオリンピックを目指しませんでした。

それよりも、裏方に徹して、日本チームをサポートしました。
こうした裏方さんがいたから大躍進が出来たのですね。

オリンピックは個人競技です。
しかし、選手の裏には様々な人々がサポートをしてくれています。

それはF1レースにに似ていると思うのです。
走るのはドライバーとF1マシンですが、その両方がどんなに優れていても勝てないと同じことだと思うのです。

冷静に状況を判断する監督やフロント、そしていかなる場面でも敏速に対応するピットとメカニックの歯車がかみ合わないと、過酷のレースは勝てないと思います。

それと同様な事が、オリンピックでも言えるのかなと思います。

今日最後に、成績は別として、応援してくれた方々の感謝を選手は忘れないでほしいと思います。
負けちゃうと、一気に注目度が下がりますが、モーグルの上村愛子選手のように、前年ながらメダルは取れなかったですが、達成感は十分感じる事が出来ました、今まで応援してくれてありがとうございました。
というコメントを残しました、先回は何で1段づつなんだろうと、メダルを逃した悔しさを素直にコメントしていましたが、この4年間で彼女自身が大人に成長したようです。

でも、結婚したのに何で皆川愛子じゃないだろう?????



今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。
このブログはBlogランキングに参加しています。
      ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ


★★ナステビュウ湯の山からお知らせ★★

●2月~3月末まで、営業時間が開館AM10:00~閉館PM9:00と一時間短縮の冬営業時間になり ます。(最終の入館のご案内はPM8:30となっております。)

 ●2月~3月末まで食堂の営業時間が曜日に関わらず開始時間AM10:30~ラストオダーPM7:00 になります。