2013年12月19日木曜日

これが情報革命か!

結果的に情報革命起こしてたFacebook
創業者マーク・ザッカーバーグ氏
おはようございます、今日も僕のブログに来てくれてありがとうござます。

最近アラブの春って事件がありましたよね。
覚えていますか?
復讐すると2010~2011年に勃発した、チュニジアで起こったジャスミン革命が発端だと言われていますよね。2010年12月17日、中部の都市シディブジドで、青果商の青年(モハメド・ブアジジ)が、当局の度重なる取り締まりに憤り、焼身自殺した。

政府は勿論情報統制をして、これをひた隠しにしたのですが、それは瞬く間にネットで広がり、さらにデモを衛星放送アル・ジャジーラやネットニュースが報道すると、国民の不満が爆発大きなデモに発展しました。
元々中東の国々は独裁体制だったり、厳しい統制で政権を維持していた国々が多かったのですが、その運動は瞬く間に、他のアラブの国々まで広がり、一気にアラブ圏全体の運動みたいな形になりました。

この運動は主として携帯電話やスマホなどでデモの呼びかけや、情報などを流していたので、僕は情報革命の生んだ市民運動だと思っています。

これは政府が情報統制で、国民を支配してコントロールしてきた図式です。
実はこの革命は日本にも着実に起きつつあるのです。

例えば2010年に起きた尖閣諸島中国漁船衝突事件ですが、日本国は犯人の中国人を捕まえたのです、しかし度重なる中国側の抗議に負け、船長を開放しました。

その際に海上保安庁の撮影した記録画像を巡って、紛糾しましたが当時の政府の管直人総理はひた隠して、灰色決着をしたかったのですが、ある海洋保安官が衝突時の映像をYoutubuに流して大騒ぎになりました。

これも、政府が厳戒な情報統制を引いたにもかかわらず、ソーシャルネットにより、漏れてしまった一例です。

さらに、今回の「秘密保護法案」も出来れば、マスコミは潰したかった。
そこで、報道の自由や知る権利の侵害だと、一台ネガティブキャンペーンを行いました。

それは連日の新聞報道で明らかですが、それに足して個人が発信してるソーシャルネットで、またマスコミが自分の良いようにコントロールする為の偏向報道じゃないの、とネットで発信しまくられました。

その結果世論の理解を得られす、法案は成立しました。

これは情報を政府ではなく、マスコミがコントロールしようとした例ですが、これも情報革命の一旦なんですね。

アラブの春の流れは確実に私たちの足元にも来ていて、それに私達が飲み込まれています。

おっと餃子の王将の社長が何者かに撃たれ、死亡したと言うニュースが飛び込んで来ました。
打たれたニュースは1時間前に入って来ていましたが、死亡を伝えるニュースは数分前からですね。
12月19日 10時55分時

情報革命ですよね。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。
このブログはBlogランキングに参加しています。
      ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ


★★ナステビュウ湯の山からお知らせ★★

●12月から3月末まで、営業時間が開館AM10:00~閉館PM9:00と一時間短縮の冬営業時間になります。
(最終の入館のご案内はPM8:30となっております)。

 ●12月から食堂の営業時間が
土日祭日/開始時間AM10:30~ラストオダーPM8:00
平日/ 開始時間AM10:30~ラストオダーPM7:00となります。

 ●12月18日(水)はメンテナンスの為休館とさせてくだきますが、1月のお休みはありません。