2013年11月4日月曜日

著作権について学ぶ

こんばんは、今日は朝長野にリンゴを取りに行っていたので、ブログを書けませんでした。

私の友人の江口さんと言う社長が

大丈夫?そのブログの画像!著作権侵害していない?!

という記事を書いています。

本当に的確な記事です、皆さんもぜひ参考にされてください。

実は私と江口さんはほぼ同じ時期に著作権侵害を指摘されました。
Googolで検索した画像を大したことも考えずに、ブログに使用したからです。

業者が公開している画像は、Sampleの透かし文字が入ったり、画像を保存できないようにしてあるのが普通と考えているあなた。

ほぼ正しいのですが、そうでない業者もおいでです。
全く簡単に画像を保存出来ちゃいます。
しかし、それを使用してブログを書いたり、販促物に使ったりするとすぐに見つかっちゃいます。

私は江口さんの他に、著作権違反行為で反則金を払った方を2名知っています。

同じお風呂屋さんですが、お一人は手作りのチラシに使って、それをブログに載せたところ、某社から連絡が来たらしいです。

たとえ使ったとしてもバレなければいいって思ったあなた、それは甘い!

現在は凄いシステムがあって、画像を登録しておくと、ロボットがネットを自動検索して、類似画像を探し出してくれるシステムもあるのだそうです。

だからトレースしてもダメみたいです。
トレースするって完全にパクルつもりですよね(笑)

軽い気持ちで何かに使うと、半年後(何故か皆さん公開してから半年後で事が起きます。)
に書留郵便で手紙が来ます。

最終的に請求が来るんですが、詐欺かと思いましたが、どうもそうではないようです。
著作権法は、著作権を守る人を保護する法律で、犯した人には全く配慮されていません。

共通した話は、業者が仕組んでやっているんじゃないか、というのが共通したお話です。
私が知っているだけで、4人もいる訳ですので、全国的には計り知れない数です。

なぜそうなるんでしょう?
それは、そうなりやすい仕組みにしているからだと思います。

業者の方も対策を全く施していないわけですから、これからも加害者と言われる、被害者が増えると思います。

皆さん、気を付けましょうね。
そうなってからでは、遅すぎます。
消費者センターも特許庁著作権課も全く助けてはくれません。
※私は電話して話を聞いてみました。

世の中には、怖いことも沢山あります、でもこんなグレーなビジネスが長く続くとは思っていません。
しかし、現在できる対策は気を付ける事が一番の対策です。

ちなみに、私は写真家として、ブログで公開した写真は個人や商用に自由にお使いたいただいて結構ですと書いているの、以前このような事があったからです。


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
      ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ