2013年10月4日金曜日

新品種発見?

こんちは、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。

皆さんはナステビュウ湯の山の周りにサルビアの花を約5,000本植えているのご存知ですか?
もう花も終わり格好になってきました。
寂しいですね、もう一度くらい満開の花畑を見せてほしいですね。

さて、そのサルビアですが3色の花があります。
赤、紫、白の花ですが、ある日たった1本だけストライプの花を発見しました。

それが写真の花です。
右側に紫の花が見えますが、中央は明らかに赤と白のストライプの花です。
綺麗ですよね。
でも、今栽培しているサルビアの品種にはストライプの花色は無いんですね。
そうなると、突然変異の新品種???
凄い・・・・・・・・・・・・・・
そうなったら、名前付けちゃうよ。命名「ちょっと」とかね。
チョット変わった社長が育てた花だから(笑)

このサルビアはカラビニエールという品種で濃緑色の照葉。
大輪で密な花穂を持ち、ボリューム感がある。
草丈は咲き始め15㎝で最終草丈は40㎝位。
2月上旬まきで4月上旬から花つき苗として出荷できる早生種。
極めて強健な性質を持っているため作りやすい。

という特徴があるそうです。

この写真がカタログに掲載された写真です。

赤2:白1:紫1の混合で種を播き、苗を育てて植えています。

だからランダムに咲いているんですよね。






ストライプの花はファロアミックスという品種にあるみたいです。

可能性として考えられるのが、この種子が紛れ込んだと言う事もあり得ます。


今年はこのストライプの花の種を採取することに成功しました。
来年種を播いて、どんな花が咲くか楽しみです。

新品種 サルビア ちょっと が誕生するかな?(笑)







今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ