2013年10月24日木曜日

カマキリ博士松之山に登場

近くに配布用に作ったチラシ、企画は私がして、
文字は玲子ちゃんに書いて貰いました。
おはようございます、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。

毎年今頃になると気になる事があります、それは今年の冬の雪はどうなるのって事。
出来れば超小雪でお願いしたい。

それが無理なら、平年通りでお願いします。
大雪でも、続けて降らないでください、と言うのが雪国に住んでいる人の願いなんです。

そんな気になる、毎年の積雪を予想している人がいます、そしてさらに中越震災をドンピシャで当てた事はあまりに有名です。

その方は、酒井與喜夫先生で、北陸ではカマキリ博士として有名な方です。
昨年、このブログの掲載許可のお願いで連絡させて頂いた縁で、いろいろお話を聞かせてただいています。

今年の冬の傾向はすでに夏場から兆候が出ているらしいです。
大自然は、色々な警告を発しているのですが、昆虫はそれを敏感に感じているらしいですが、人間には分らないだけらしいですね、先生のお話を聞いていると、どうもそうらしいです。

昆虫は冬越しをする際に、気象を誤ると全滅する可能性もありますからね。
カエルや蛇など冬眠する動物にしてもそうですよね。

そんな大自然に謙虚に耳を傾けると色々な事が分かって来るんです、と酒井先生はおっしゃっているんだと私は理解しています。

その話を是非、私一人が聞くのではなく、沢山の人から聞いてほしいと言う思いから、この講演を企画させていただきました。

色々運もあり、松之山大地すべり防災50周年事業様からも支援いただき、今回の松之山講演が実現しました。

是非、多くの方から参加して頂くようお願いします。
最後に、勿論無料です(笑)


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ