2013年10月22日火曜日

今年も始まった着物女王コンテスト

新生きもの女王員会のメンバーの一部です。
おはようございます、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。
実は昨日はきもの女王コンテスト部会の3回目の会議でした。

毎年同じ事をしていて、何決めているの?と思われるかもしれませんが、それが結構あるんですよ。

昨日は残念ながら部員の出席者はそれほど多くありませんでしたが、一応部員の紹介を。

今年の部長は昨年副部長だった小野塚さんです。
他には第一回のきもの女王だった方とか、そうそうたるメンバーなんですよね、女性はね(笑)

男性は他にも2~3名いますが、直前にならないと出てこないメンバーばかりですね。
常連は私と事務局の西野君二人です。

楽しそうな部会でしょ。
私も出世しまして、昨年は小間使いでしたが、今年から部会の保護者に昇進しました(笑)

まだまだ、新生のきもの女王部会ですが、これから冬にかけて徐々に盛り上がり、楽しい部会になって行くのだと思います。

今でも、娘が急に増えたようで十分楽しいですが、もっと楽しくなる予感がします。
十日町きもの女王とは、十日町の着物文化を外部にPRする観光大使を決める部会なんですね。

私達が審査して決める訳ではありません。選ぶと言っても本選で、審査員の皆さんが選んでいるのですが、何故か毎年共通していると感じています。
きもの女王は、容姿も求められますが、どこに出しても恥ずかしくないような品格も備わっていなければなりません。

過去にも綺麗な応募者は沢山おいででしたが、必ず選ばれたかと言うと???です。
でも、例外なく過去の女王経験者は全てがバランスよく備わっている方なんですよ。

女王の役職がそうさせるのか?そういう人を選ぶシステムなのか?分かりませんが?
素晴らしい方がらばかりです。

私も、きもの女王委員会を長年お手伝いしてきましたが、やがて引退する時期も近ずいていると実感してます。

来年の今頃はは外部で見ているかもしれませんね。
また、いろいろ決まったら、このブログでも紹介したいと思いますで、皆さんご期待ください。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ