2013年10月13日日曜日

スマホの後進国

表はリンゲルブルーメンの記事から引用いたしました。
皆さんこんにちは、連休中日をいかがお過ごしですか?

さて、本日はスマートフォンのお話。
スマートフォン普及率の後進国ってどこだかご存知ですか?

ベトナム、インド、インドネシア、ウクライナと下位の国が並んでいます。
そして下から5番目が何と、技術立国と言われている日本です。
そうなんです、スマホの普及率は25.7%で世界的には下から5番目なんです。

まだ、携帯持ちの4人に一人しかスマホを持っていないという結果です。
お隣の韓国は73%と3倍も水をあけられています。

私の妻も今年の春スマホを購入して、現在使っていますが、あまり電話をしなくなったようです。
殆どスマホのコミュニケージョンはsnsが主流で、facebookで友達の動向を知り、さらにLINEで個別のコミュニケーションを行っているようです。

そう言えば、最近はFacebookとLINEが主流になりましたよね。
ただFacebookは最近スパム友達リクエストが多すぎで、やや今後に不安を残します。

昨日も孫正義さんの話で各キャリアのスマホシェアについて書きましたが、最近はさらに差が無くなりSoftbankは4割を占めて来たようです。

勿論流失しているのはDoCoMoね。
だから言ったでしょ10年後はSoftbankDoCoMoって会社になるって。

DoCoMoは現在スマートフォンのOSはiphoneOSとAndroidの2つですが、新しいOSのTizenを開発しています。
このosは電池もあまり消費しないし、スマホには向いているようですが・・・・

私の尊敬する孫正義社長はWindows PhoneやTizenには全く興味が無いと言い放っています。
何故なら、その2つのosが今後のスマホの主流になるとは考えられないからだそうです。

ですよね(笑)

さらに、DoCoMoが4年前にiphoneの販売を始めたら、当社にとっては大打撃だったが、現在は全く影響ないと思っている、とも述べています。

その言葉通り、SoftbankはDoCoMoのユザーを今も食い続けているのです。
私もドコモのユザーの一人なんですが、今度はSoftbankにしようかな。


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ