2013年9月25日水曜日

映画「エリジウム」感想


こんばんは、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。

昨日は久しぶりに映画デートして来ました。
勿論奥さんとですが、久しぶりの映画でした。

見た映画は「エリジウム」という最新の映画です。

主演 マット・ディモン
他には ジョディ・フォスターとか、ハリウッドの一流どころが出演しています。
内容は申し上げられません(笑)
この映画の設定は22世紀

その時代は地球は汚染が進み、廃墟のような姿になってしまっているが、そこに住んでいるのは貧困層
そして、富裕層はエリジウムという、スペースコロニーに住んでいる。
そこは理想的な環境がそろい、何一つ不自由のない生活。
病気も最先端の医療ポットのおかげで、どんな不治の病もすぐに治ってしまう。

しかし、地球に住むスラムの人間には高嶺の花。
病気になっても、十分な治療も受けられずに、死に絶えるしかない。
そんな、不合理の世界に立ち上がるのが、マットディモン扮するマックスなんですが・・・・・
ストーリーはそんな単純じゃないですね。

それは、見てからのお楽しみに。

でも、お金さえあれば最新医療を受けられるのは、現在のアメリカでも似たような感じですよね、それをさらに極端に発展させた感じかな。

だた映画では全体的に、残酷シーンが多いので、あまりデートやファミリーには向かないですね。
私達みたいに熟年カップルや、刺激の欲しい方はOKですが(笑)

脚本ももうチョイって感じですし、その2点を差し引くと65点かな。
まあまあ、面白い映画でしたよ。


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ