2013年9月23日月曜日

倍返しの半沢直樹の最終回


おはようございます、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。

さて、昨日はドラマ半沢直樹の最終回でした。
最終回を見た皆さんは、どうお感じでしたか?

私は後味の悪さのみ残りました。
残念な最終回だと感じました。

今回久々のテレビドラマとしては凄い視聴率を記録したようでした。
それだけ多くの方がテレビをご覧になったと言う事です。
それも、久々に!

所が最終回はとても生臭いストーリーと感じました。
以外といえば意外ですが、その生臭さは潔さが無い生臭さです。

いかにも、続編やりますよ的なラストでした。
そして、最終回にストーリには何のひねりも無い、つまらない内容でした。

私はガッカリしたし、例え続編が出ても見ないと思います。

最近はテレビはどんどん視聴率が落ちて、テレビ局自体も独自番組を作る力は落ちてきています。
だから、放映権が安い韓国ドラマばかりやっているのです。

そうなると、ますますテレビ番組離れが進み、テレビ局自体が終息の方向に向いている気がしてなりません。

ここで、ドラマに新しい波が生まれると思ったのですが、残念な内容だったと思います。
それは、人気があったために、続編をとの欲が出て、ドラマから潔さが無くなり、陳腐化したせいだと僕は分析します。
まあ、色々意見が分かれますが、日本のテレビ界にも頑張ってもらいたいです。

世の中、期待が多いと、それが期待外れに終わると、失望とともに、簡単に切り捨てられてしまうようです。
そのよい例が、あの政党です。

さらに、仕事に置き換えると、期待を持たせておいで頂いたお客様には、期待以上のものを感じていただかないと、次の来店はないと思わないといけないわけです。
良い勉強をさせていただきました。


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ