2013年9月2日月曜日

志と野心

おはようございます、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。

今日から9月最初の月曜日、もう夏休み気分は終わりです。
今日からは全速力で、仕事に打ち込まなくてはいけません。

さて、イマイチ乗り気になれない貴方に、今日の前向きになれる言葉を紹介しましょう。



志は野心とは違います。

志は世のため、人のためという思いであり、野心は私利私欲です。

野心でなした事柄は一代ではかなく消えてしまいますが、志は必ずそれを受け継いでくれる同志が現れます。

SBIホールディングスCEO:北尾吉孝


この方の名前、聞いた事ありませんか?
そうです、ライブドアと日本放送の買収騒動の中、仲裁役を務めた方です。
当時、親会社のフジテレビと堀江貴文喧嘩?は世の中を騒がせました。

またホリエモンのようにTシャツの自己主張の強い新しい経営者に対し、世間の反感を買いました。

その渦中の中に登場した人物が北尾義孝さんです。

彼自身もソフトバンクの孫さんとの不仲説もありました。
しかし、野村証券から孫さんに見初められ、資金調達の要SBIホールディングスを任された、優秀な人物でもあるようです。

今でも覚えていますが、彼は不仲説はあっても、公では孫さんを絶対批判しませんでした。
スケールの大きい、素晴らしい経営者といい続けてきています。

しかし、現在はSBIホールディングスはソフトバンクから完全に自立しています。

その時も孫さんは「定期的にメシを共にする約束で資本関係の解消に応じた」と答えています。
資本関係は解消しても、教務の協力関係は続いていると言う、面白い大人の関係ですよね。

その北尾さんが「堀江貴文と孫正義の違い」を尋ねられた際に「人々のために役立つことをしようという意識を常に孫さんは持っている。その結果として儲かっているだけ。堀江君は自分のためという意識が強すぎる」と述べています。

私もこのようにスケールの大きい経営者になりたいと、思っています。

仕事にやる気や、生きがいを求めるなら、もう一度何のために働くのか。
それが世の中に、どんな役に立っているのか、考えてみたら如何でしょうか?


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ