2013年9月12日木曜日

ボクシング世界戦

おはようございます、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございました。
さて、昨日は大阪でボクシングの世界戦が2つもありました。

1つはWBA世界ミニマム級タイトルマッチで日本の宮崎亮とメキシコのヘスス・シルベストレの1戦でした。

内容は全然詰らないと行くか、宮崎亮はディフェンス全然ダメでした。
勝ったには勝ったが、辛くもって感じで、自身も凄いダメージを受けてしまって、負けてもおかしくない試合だった。
私のあまり好きではないボクシングでした。

そして、メインイベント井岡一翔×クワンタイ・シスモーゼンの戦いです。
クワンタイ・シスモーゼンは元世界ミニマミ級の世界チャンピオンの実力者です。

井岡はその相手にボクシングをさせないで、ノックアウトで勝利した。
内容は非常に評価できました。

でも私は大味さを感じました。
私は井岡一翔は攻撃と守備のバランスの素晴らしい選手だと思っています。
相手の攻撃をかわしながら、自身の攻撃は的確に決める。

パンチのスピードも素晴らしい。
テクニックもノーモーションからパンチや、クイックモージョンのパンチ
カウンターの的確さ。
多彩なパンチを持っていて全てに秀でている。

デフェンスも上手なんですね。
バックステップで相手のパンチの交わしたり、ガードでブロックしたり。
体を降って避けるのも得意です。

その攻撃と守備が一連の動作で、流れるように試合を行っております。
超難易度の高い、クロスカウンターとかも試みていました。

その井岡が昨日は結構打たれるシーンが目立ちました。
勿論その何倍も井岡の方が攻撃しているのですが、普段は軽やかで美しいボクシングをするのに、らしくないと思えました。

これからは、ああいう戦法に変えるんでしょうか?
好きじゃないですね。
打たせて打つボクシングは。

後は、長谷川穂積選手に期待しますか。

最後にボクシングの入場料は非常に高いんですね。
昨日の試合は一番高い席が¥50,000ですよ。
リングサイドだと思いますが。

一番安い席でも¥5,000もします。
でも、一度は生で見てみたいですよね。


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ