2013年9月11日水曜日

写真の撮り方!


咲きたてのシシウド 勢いと未来を感じます。
今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。

さあ、今日もマニアックな話題で盛り上がりましょうか(笑)
最近、スタッフから「最近社長のブログ、マニアックでよくわかんない!」って言われています。

自分の好きな事、興味のあることが一致するとは限りませんよね。

栂池自然園からの帰り、シシウドの花が綺麗だったので、スマホで撮影してきました。

まず一番目の花ですが「シシウド」の花って白い花ですが、綺麗ですよね。
良く見ると花火を連想します。

今回撮影した花はあまり大きくありませんし、やや奥まって隠れたように咲いていました。

でも、若い花なので未来をを感じました。
そこで、画面上部の空間を開けて未来を予感する表現をしたつもりです。

では次の写真。
普通は花がすでに散った場所は撮影しません。

花の終わった所を撮影しました。

でも、僕は面白いって思っちゃうわけです。
人が見向きもしない被写体にカメラを向ける事は、良いことだと思っています。

それが作品として残せれば、個性的な写真となるからです。

この写真は、画面いっぱいに花の終わって、実がたわわに実っている写真ですが、写真の中心は上部にあります。
花の中心部は画面の1/3上部の場所からスタートしています。
丁度、三尺玉が破裂して、後半の最後の輝きに似ていると思いました。

ここで、表現したかったのは過去です。

同じ花で、未来と過去を表現する一つのアプローチなのです。

どうです、超マニアックでしょ(笑)
実はこの間の考えからは人物撮影にも非常に大切になってきます。


さて、前回も公開しましたが、リンパ担当の佐々木さんのプロフィール写真ですが、人物の中心は画面の中心をやや外れ、左側の空間を少し広くとっています。



















そう思うと、忍ちゃんの写真もそんな感じでしょ。

何で、斜め右側にを向いているか。
それは、ほっこり湯の山ニュースに掲載さる時や、販促に使う場合は、写真を右側に置くつもりで撮影しているからなのです。

忍ちゃんの写真が、想定している位置です。
佐々木さんの写真は、今は想定している位置の反対側に置いています。

ああ、今回も超マニアックに攻めてみました(笑)

写真の納まり方が違うと思いませんか?


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ