2013年9月9日月曜日

2020オリンピックの各国の反応

 
おはようございます、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。

昨日も書きましたが、2020オリンピック開催都市が東京に決定しました、おめでとうございました。
さらに、レスリングが今後もオリンピック種目に残ることが決まりました。
関係者の皆様おめでとうございます。

本日は各国の反応について書かせていただきます。
まず、最後まで争ったイスタンブール

イスタンブールってどこだか知っていますか?トルコの首都なんですよ。
(※1923年にトルコ共和国は、それまでの首都をイスタンブールから、アンカラに移しました。ですから本文中の首都がイスタンブールと書いていますが誤りです。)
トルコは昔から親日国として有名です。
アジア・アラブ・ヨーロッパの文化が混雑したエキゾチックの地域です。
過去にはオスマントルコ帝国として栄華を極めた時期もありました。

カッパドキアなど世界でも類の見ない奇形地でも有名です。
そのトルコが東京に祝福を送ってくれています。

五輪決定後に感動を呼んだトルコからの祝福

素晴らしいですよね。
こんな事が出来る国民のいる国にも行って見たいと思いますよね。
私はすでに、トルコには行ったことがありますが、凄く印象に残っているのが超インフレで貨幣価値がマヒしそうなことと、女性が綺麗だった事でしょうか(笑)
本当にトルコの女性ってアラブとヨーロッパのハーフ(笑)みたいで、グラマーで綺麗な方が多かった印象です。
勘違いしないでもらいたいのですが、トルコを訪問した際は夫婦で行きました。

さて、隣人のアジア各国はどうでしょ?

まず、中国
「東京敗退」と誤報 中国国営テレビと新華社
おいおい、嘘までついて貶めたいのか?

中国ネット、東京決定に「遺憾」多数 祝福できないユーザーたち?
はいはい、祝福してもらいたいと思っていませんし、もし嫌ならボイコットして頂いても結構なんですけど、って言いたくなりますよね。

では韓国は?
「韓国は東京五輪をボイコットすべき」とネットで議論 「開催決定にもケチ付けたから当然」の声
私も日本国民の一人として、韓国の皆さんの意志は尊重したいと思います。

という感じです。
来年は再度トルコ旅行でも行こうかなって本気で考えています。

世界遺産のパムッカレに行ったことないし。近隣アジア諸国には行く予定はないです。
キムチも飲茶も当分食べたくないし。
人間ですから、こんな感じになってしまいますよね。

最後に皮肉です。
今回のオリンピック誘致成功と先回東京オリンピック誘致失敗の最大の違いは総理大臣の違いだと言われています。

先回のオリンピック誘致時の総理大臣って誰だっけ?
ああ、政権交代した直後のあの総理ね。

終わり(笑)

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ