2013年8月26日月曜日

意外な人の言葉

夫婦の日にお越しの、あるご夫婦
おはようございます、今日も僕のブログに来てくれて有難うございます。

実は、これから東京で、今は湯沢駅の新幹線の中で更新です。
さて、今日は素晴らしい言葉を紹介します。


いつもそうだが、君のやってることを見ていると……、
嫌な事、めんどくさいこと、苦しいことから逃げようとばかりしてる。

らくな道ばかりえらびたがっている。ちょうど、水が低いとこ低いとこと流れていくように。
それじゃいけないんだ。気がついてみたら、どん底まで落ちてたなんてことになる。

人生とは、重い荷物をもって坂道をのぼるようなもの…といった人がある。
人生にはいつも向かい風が吹いている…といった人もいる。
「かん難汝を玉にす」ということばを知ってるか。

くるしみなやんでこそ、りっぱな人間になれるという意味だ。
「われに七難八苦をあたえたまえ」と、月にいのった人を知っているか。
山中鹿之助というさむらいだ。

自分をうんとつらいめにあわせてくださいといのったのだ。
「憂きことのなおこの上につもれかし限りある身の力ためさん」という歌知ってるか。

なやみごとよやってこい。自分の力には限りがあるが、精いっぱいがんばるぞ!という意味だ。
昔の人たちは、こうして強くたくましい自分を育てあげた。

きみも男ならやってみろ!逃げたりしないで。
つらいこと苦しいことに、ドンとぶつかっていけ!!

by のび助(のび太のパパの若い頃)



とんでもない。
きみはぼくらにすばらしいおくり物を残していってくれるんだよ。

数えきれないほどのね。
最初のおくり物はきみがうまれてきてくれたことだ。

午前三時ごろだったよ。
きみの産声が、天使のラッパみたいにきこえた。

あんなに楽しい音楽は、きいたことがない。
病院をでたとき、かすかに東の空が白んではいたが、頭の上はまだ一面の星空だった。
この広い宇宙の片すみに、ぼくの血をうけついだ生命が、いま、うまれたんだ。

そう思うとむやみに感動しちゃって。
涙がとまらなかったよ。

それからの毎日、楽しかった日、みちたりた日びの思い出こそ、きみからの最高のおくり物だったんだよ。

少しぐらいさびしくても、思い出があたためてくれるさ。

 by しずかちゃんの結婚前夜のパパ



やれるとも。
のび太くんを信じなさい。

のび太くんを選んだきみの判断は正しかったと思うよ。
あの青年は人のしあわせを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ。

それがいちばん人間にとってだいじなことなんだからね。
かれなら、まちがいなくきみをしあわせにしてくれるとぼくは信じているよ。

 by しずかちゃんのパパ

しずかちゃんって、伸びた君と結婚したんですね、知りませんでしたが、アニメなのに、心に残る言葉の数々、紹介しないでは、いられませんでした。



今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ