2013年8月2日金曜日

環境が違うとね!

おはようございます、いよいよ今年の梅雨明けが今日やって来るかな?

先月植えたサルビアの苗も大分大きくなりました。
それを見ていて気が付いた事を、今日は書かせてもらいます。

写真を見てください。
大分大きくなったでしょ。

花も4本も付いている株も現れ、これからさらに成長をする感じの勢いを感じます。

ほど良い雨と、地中の栄養や気温などの環境が良かったのだと思います。

この分だと、お盆にはさらに元気な花を見る事が出来るかもしれませんね。

葉の色も良い感じですし、非常に順調です。









所が、昨年まで芝桜を植えていた場所ですが、雑草が多くなり、収拾がつかなくなったので、一度除草剤で全部からして、再度肥料と、石灰を施して耕した場所です。

今年初めての挑戦の場所ですね。

どうでしょう?

植えたときと殆ど変りませんね。

そして葉の色も黄色ですから、いかにも元気がない感じです。


上下の2枚の写真は何でこんなに違うんでしょう?

植えた時期も、品種も同じです。

違いは植えた場所だけです。

このように、植物は自分で動けません。
だから、そこに植えられれば、そこで生きていくしかないのです。

このように、僅かな日時でも、こんなに違いが出てしまう。

それが、育つ環境の違いですね。
人間でも一緒だと思うのです。
自分の環境が違えば、その成長も大きく違います。

私がそれを感じたのは、写真を頑張っていた時。
どうしても、全国紙に自分の撮影した写真を紹介したかった。

そして、あわよくば、年間グランプリも取って見たかった。
そんな夢を頂いて撮影の活動をしていましたが、そんな時成果が出始めて来たとき、自分の環境が変わっているのに気が付きました。

周りには、全国的に活躍している友人に囲まれていたんですね。
そんな、彼らから受ける刺激はとてもエキサイティングで新鮮でした。

そして、全国誌で入選するのが当然と思えて来たし、実際結果も付いて来ました。

これは、環境が自分を成長されせてくれた例かもしれません。


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ