2013年8月15日木曜日

今日はお盆ですが同時に終戦記念日!

おはようございます、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。

本日8月15日はお盆です。
お盆って先祖や故人を弔う日ですが、実は宗教行事ではないようです。
お寺の檀家制度が一般に定着したようです。

それと同時に、本日は太平洋戦争の終結の日で終戦記念日とされています。

1945年(昭和20年)8月15日に天皇陛下による玉音放送があった日で、日本の降伏が国民に公表された日なのです。

大東亜戦争?太平洋戦争?第2次世界大戦?どういったら正しいのか分りませんが、ここでは2次大戦とさせていただきます。

一体何人の方が亡くなったのでしょう。
正確にには分かっていませんが、戦争によって戦死した軍人の総数は230万人と言われています。

漠然として分かりにくいと思いますが、現在の新潟県の人口が233万人で、ほぼ同じ数の兵隊の方が戦争で亡くなっているので。

新潟県のお年寄りから、子供を含めた数ですよ。
凄い尊い数の犠牲者になります。

しかも、戦死者の6割が病気や餓死によって無くなってしまっているという事実が戦争
を一層悲惨にしています。

ガダルカナル島の戦い/ポートモレスビー攻略戦/ニューギニアの第18軍/インパール作戦/硫黄島の戦い/沖縄決戦
これらすべての作戦に共通されているのは、補給が殆どなく、その後は孤立し、最後は壮絶な自滅を遂げてしまったと言う事です。

彼らは、祖国を守るため、また自分の家族を守るために、自らの命を犠牲にして、戦争に赴いたはずです。

それが、最後は食べるものも無く、援軍も補給も期待できず、最後は体力も無くなり息絶えてしまったと言うのが現実のようです。

その人々は無駄死にだったのでしょうか?
いいえ、その後の反省と、残された人々の壮絶な努力によって、日本は世界に類を見ないくらい、急速な発展を遂げ、平和な国を作り上げました。

間もなく戦後70年もたとうとしていますが、私達はその事を忘れてはいけないのです。
そして、絶望の淵で亡くなった多くの英霊に感謝の念を忘れてはいけないと思うのです。

しかし、一部の国は戦没者の祭られている館を批判したり、日本人は戦争を反省していないと言いつつ自国では軍備拡張をしている国もあります。

そんな意見は全く聞く必要が無いと思っています。
それより大切な事は、1年に一度くらいは、我々の為に命を捧げてた英霊への感謝の念だと思うのです。

不幸な戦争と、無策な軍部によって無念の中で亡くなってしまった方々は、今は翼を携え空から私達を見守ってくれているのだと信じたいです。


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ