2013年5月15日水曜日

DoCoMo夏モデルの深読み。

こんちは、スマホマニアの私ですが、各社どう対応して、結果がどうなるか気になるだけで、別にスマホが好きで仕方無い訳ではないです。

携帯電話もスマホで世界が変わると予想しているので、大変興味があります。

色々噂はありましたが、今日のDoCoMoの夏モデル発表会には今回もやはりiPhone5販売の発表はありませんでした。

多分、来年の春モデルにはラインナップにiPhone5sまたは、もう少し待ってiPhone6の販売をするかもしれませんが、まだ両者の隔たりが大きいようで微妙です。

最近は若い人の間にもGALAXYに対して嫌悪感を持っている人は多いと思います。

私も実はGALAXY SⅡを使っているが、この次は確実に日本のメーカーが作っているスマホを使おうと考えています。

何故か?それは日韓の関係にあります。
あの歴史認識の言いたい放題の発言に加え、最近は円高+ウォン安のあおりで、一気にアメリカの電子市場を奪い取り、花形だった日本メーカーソニー/パナソニック/シャープは青色吐息です。

それだったら応援しなくちゃいけないでしょ。

所が、所がDoCoMoはiPhone5を販売しないのは分かります、日本の電子産業を守るためにって事でしょ。

しかし、韓国のサムスン電子のGALAXYを特に優遇して販促に励んでいる?
非常に不可思議な行動です。
人気機種だからというだけではない気がします。

実はドコモはiPhone導入でMacに非常に無理難題を押し付けられたらしいのです。
アメリカのビジネスは圧倒的になると、とことん強気で攻めてくるが良く分かったと思われます。

そして、もう一つの懸念はスマホのOS
現在はGoogleのAndroidが殆どですが、その独占がまずいと感じていると思います。
また、圧倒的なシェアで無理難題を押し付けられかねない。

そこで、新OS「Tizen(タイゼン)」を搭載したスマートフォンが年内に市場に投入されると発表された。端末はサムスン製、通信キャリアは日本のドコモとフランスのオレンジが名乗りを上げている。

Tizenは省電力にも強い未来のOSと期待されています。
その開発の中心がサムスン電子で、日本で新OS「Tizen(タイゼン)」のリーダーシップを取るには、サムスン電子の協力が不可欠で、そこで、今回はGALAXYの販促に特に力を入れているのではないかと、私は深読みしています。

こんな話詰んないよね。
ちなみに私はXperia A(エース)の黒を予約しました。


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ