2013年4月6日土曜日

お勧め映画です。

こんちは、旅行で飛行機に乗っている時間が長時間なので、日本語の吹き替え映画をほぼみんな見てきました。
後は007のスカイフォールとかありましたが、その映画は見ちゃったし。
でも、今回は粒ぞろいでした、多分航空会社の選定が良いんでしょうね。
それに、大体アカデミー賞に絡んだ秀逸な作品ばかりでしたね。
さすがです。

でも、機内見た映画のランク(順位)を付けてみました。
何かの参考にして頂ければ幸いです。


※1位から5位くらいまでは殆ど差なんかないですよ。
どの作品も楽しめます。

1位 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

 
この映画映像が今まで見たことがないほど綺麗です。
ストーリーも面白いのですが、なんといっても映像美に魅了されます。
次元の違う完成度の映画です、是非お勧めの映画でした。


2位  『アルゴ』


実際の実話をもとに作られている映画だそうですが。
スリル満点、非常に面白いストーリーの映画です。


3位 『ヒッチコック』


アフルレッド・ヒッチコックの代表作『サイコ』がどういう風に出来たかのストリーです。
主役は名優アンソニー・ホプキンスとヘレン・ミレンの競演、素晴らしい映画です。
サイコを撮り終えた、ヒッチコックは次には「鳥」を撮り終え円熟期を迎える。



4位 『ジャンゴ 繋がれざる者』


痛快なストーリーで見ていて飽きないが、やや残酷的なシーンも多いので、お子さんや女性にはお勧めできません。


5位 『世界にひとつのプレイブック』



特攻Aチームなどで、色男を演じたら世界でもトップクラスのブラッドレイ・クーパーとハンガーゲームの主役のジェニファー・ローレンスが心を病んだカップルを演じる。
でもジェニファー・ローレンスの演技は素晴らしいですね、男ならだれでも惚れちゃいますよ。
最初は面白くないのですが、だんだん引き込まれていきます。
大したことのないストーリーをここまで仕上げるとは、秀逸な作品でした。



6位 『空飛ぶペンギン』


ファミリー向けに良い映画です、デートにも良いかも。多分女性受け抜群ですよ。


7位 『Here Comes the Boom』


結構、痛快で面白い映画ですよ。2流映画(失礼)ですけどお勧めです。



8位 『ザ・セッションズ』

障碍者の生きがいをテーマにした少し難しい映画ですね、私には、あまり面白くなかった。

素晴らしい作品群です。
一年分の映画を見た感じですね。
カンタス航空さん、素晴らしいチョイスありがとうございます。


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。