2013年4月11日木曜日

スマホのマニアックなお話。

皆さん、こんにちは、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。

2日~3日前から、ネット上でDoCoMoからこの夏にiPhone 5S(iPhone 5の新型)が出ると噂されています。

ご存知の通り、最近発表された携帯電話の増減数では、SoftbankとAuが勝って、ドコモの一人負けの様相でした。

DoCoMoの上層部では、当社だけiPhone を販売していない事が一番の原因と考えマックと交渉中だと言うのです。

では、実際はまだ決まった訳ではない訳ですね。

しかし、DoCoMoはお尻に火が付いた状態で、これ以上の苦戦は避けたいのが本音。

そしてiPhone の発売元のマックも、そろそろiPhone 5も下火で、予定の生産数を大幅に割り込んでいる、という噂です。

しかし、DoCoMoがiPhone 5を販売するとなると、色々と障害があります。
まず、周波数帯の問題

難しい事はさておき、実はすでにiPhone 5が使える周波数帯の許可を受けていると言う事なのです。

さらに、DoCoMo独特のプレインストールアプリの問題

DoCoMoのスマホにはドコモバックアップ/iコンシェル/spモードメールなどの独特のアプリが最初から入っているが、それをどうするのか?

まだ噂なんですが、この6月中に発売になると言われている新型のiPhone 5Sですが
何と何と、驚くなかれiPhone 5OSは最新版Androidで動くというのです。

そうなると、全ての問題はクリアでき、いよいよDoCoMoでもiPhone 5S(新型 未発売)の発売かと思えてきます。

現状では噂で、両陣営からは何の発表もありません。

現時点ではDoCoMoユザーの期待は過度に高いですから、追い詰められているのはDoCoMoサイドで、もし交渉がまとまらず、見送りになると、さらに多くのユザーを失いかねない事になりそうです。

何か、暫くは高みの見物で楽しめそうです。
分らない人や、興味のない人には全然なお話でした。まあ偶には(笑)


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ