2013年3月31日日曜日

今日から荘 眠月墨彩画展PartⅡが始まりました。

こんにちは、最近は長時間会社にいるので、何か疲れが取れませんね。

その1つの原因かもしれませんが、荘眠月墨彩画展PartⅡが始まりました。
今回は全部作品を入れ替えて、展示数も1.5倍に増え、さらに大きい作品が増えているので、実質展示面積は倍以上に増えています。

この位あると、見ごたえありますね。
凄いです。

本名は本庄基晃さんですが、現在は完全に失明され作家活動は2代目の荘眠月さんが続けているようです。
噂によると、この眠月さん初代眠月さんの娘さんのようです。

本庄さんの石仏画は独特のタッチで、他に追随を許さないほどの独自性があります。

石仏や仏を描いた絵は、日本家屋に似合うかもしれません。
独特のタッチで、見ているだけで癒されてきます。

そんな眠月さんの墨彩画展、新潟県でも珍しいと思いますので、作品鑑賞だけでも良いですので、寄ってみてください。


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。