2013年3月24日日曜日

新鮮!雪で熟成した人参ジュース

こんんちは、当館では搾りたて、津南産の雪中貯蔵人参のジュースを販売しています。

雪中貯蔵と雪下人参の違いは、土に埋まっている状態で保存した人参を雪下人参と呼んでいます。

そして秋一旦収穫して、雪や雪室で保存した人参を雪中保存人参と呼んでいます。

その人参と長野県飯綱産のサンふじりんごを使って生絞りジュースを販売しています。

作り方


材料を水洗いします。

人参やリンゴの皮をむき適度な大きさに切りそろえます。

この状態で下ごしらえ完了です。今回は大よそ5杯分のジュースを作ります。


例の、石臼式の低速回転ジュウサーで絞ります。結構人参のカスが大量に出ます。


上部のあくを捨てて、カップに分けて予定通り5杯の人参ジュースが出来ました。


こうして、毎日ジュースを絞っています。
売れ残ったジュースは処分して、次の日新しい人参ジュースを作っています。
このように、貴重な人参を手間暇かけて作っている貴重なジュースなんですよ。



今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。
     ↓ クイックして応援頂けると嬉しいです。