2013年2月25日月曜日

心の持ち方!

現代はストレス社会と言われていますよね。
様々なストレスで、心のバランスを崩して病気になってしまっている人が急増しています。

例えば心の病の代表でうつ病がありますが、厚生労働省の調査によると、平成8年には43.3万
だったうつ病総患者は平成11年は44.1万人とほぼ横ばいだったが、その後、増加を続け、平成20年には104.1万人と9年間で2.4倍に増加しているそうです。
勿論医療機関を受診している数ですから、潜在的にはもっと多いのでしょう。

なんでそうなるか?藤村正宏さんのブログの一部(心の不満を流してしまおうを紹介します。

人間の幸不幸定めるのは、この「欲求」と「成就」の関係なのです。

人間というものはだれでも、満足を求めてやまない欲求をもっています。
それは決して悪いことではありません。
しかし、現実にそれが満たされるということは、ほとんどありません。

愛した人に愛されず、思わぬ人から思われたり。
がんばってもがんばっても、思うようにいかなかったり。
誠実にまじめに働いても、上司から認めてもらえなかったり。

人生は欲求不満の連続。
常に心理的緊張の中にあるのが現実です。

社会の要求とも衝突せず、自分の欲求をも適切に処理する能力を持ちえた心。
均衡のとれた心が重要になってくるのです。


現在はストレス社会と言われていますが、逆を返すと欲求過多社会とも思えますよね。
全ての欲求を満足されられるわけもなく、どう心のポジションを置くかが重要になってくるわけですね。
心に止めておきたい言葉ですね。
今日はいつもと少し違ったスタンスで紹介しました。


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。
このブログはンキング↓に参加しています、クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ