2013年2月7日木曜日

過去の常識が通用しなくなってきた。

こんちは、ある人のブログを読んでいたら、凄い事が書いてあった。
JR大阪三越伊勢丹が不振 運営会社、債務超過94億円

あの三越と伊勢丹のブランドですよ。
そして、あの立地条件ですよ。
鳴り物入りでスタートして、誰が見ても堅いビジネスのように見えました。

所がふたを開けてみれば、超惨敗!

以前セミナーでこれと同じような話を聞いた事があります。

ある店舗居専門の設計や計画をやっている方が、抜群の立地で、素晴らしくセンスの良い良いレストランを作り、料理も美味しく価格も程ほど、さらに接客スタッフも充実してた店舗を作ったそうです。
誰が考えても、成功間違いなし。
こんな好条件のお店は滅多に無く、安心してみていたそうですが、それがやはり不調で、原因を探しても思い当たらなかったそうです。

そこで、毎日通りを通るお客様を観察してみたら、意外な事が分ったそうです。
それは、今まで自分たちが信じていた常識や、経験を覆すような事だったとおっしゃっていました、確か?(笑)

その話をした人は藤村正宏って人です。

そして彼のブログで、なぜこのJR大阪三越伊勢丹が不振なのか、詳しくブログで解説しています。
皆さんも、なるほどと思えるます。

是非お読み下さい。↓


百貨店という業態が悪いのではありません


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。
このブログはンキング↓に参加しています、クイックして応援頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ