2012年12月14日金曜日

流星群が・・・

12月14日の撮影です、残念ながら流星は写りませんでした。
シャッター速度約60秒 ISO1,000 F5.6 17mmで撮影
こんにちは、昨日は新月でしたね。

新月とは、月が一番欠けている状態のときで、完全に地球の影になって見えません。
だから、夜空はきれいなんです。

なんでそんな話をするかというと、新月には当館はビンゴ大会を行っているので、月齢がわかって便利です。

まず1つ目の奇跡は、この新月とふたご座流星群のピークが重なった事。
要するに、月が出ないので星が見やすいって事ですよ。

しし座流星群が有名になりましたが、この時期に流れ星が多い事も事実です。

そして三大流星群に「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」「ふたご座流星群」がありますが

ぺレセウス流星群 極大日(最も流れ星が見える日) 8月12日
しんぶぎ座流星群 極大日 1月4日 月齢20前後 満月が15で新月が30だから、月は明るい方で観測の邪魔になります。

ぺレセウス流星群も見やすいのですが、夏は空がどよんでいて、星がきれいに撮影できないんですよね。


だから、冬が適しています。そして、ふたご座流星群の極大日が昨日の夜中から今朝にかけてだったわけです。

この時期の新潟ってほとんど晴れないんですよ、それが昨日はあんな星空が広がるなんて、奇跡的ですよね。

さらに、新月と重なる条件って滅多にないですよ。

今日はきっと奇跡的な写真が撮れそうと思えません?
私は思えましたけど。

仕事が終わって午後11時ごろ撮影に出かけました。
風景は星だけ撮影すればよいのではなく、周りの状況もマッチングした写真にならないといけないんです。

色々撮影していてフイルム感度1000 絞りF5.6 レンズは17mmの超広角で撮影したものが一番良かったのでUPしましたが・・・・・・

よく見ると星がぶれています(少し流れている)ですのでシャッター速度は30秒以下が望ましいですね、だからISO1600程度まで上げた方が良いでしょう。

よく見ると画面右下に流れ星????
拡大すると↓
やった、赤い流れ星が写っているよヽ(^。^)ノ

と思うけど、実はこれは飛行機の軌跡です。

だって撮影時に見えていましたから(笑)

それに流れ星はこんな感じでは写りません。

最短では1月4日に、いつか必ず流れ星の写真を撮影してブログにアップいします。

お楽しみに。





今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。
このブログはンキング↓に参加しています、クイックして応援頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ