2012年12月13日木曜日

映画「のぼうの城」見てきました。


 おはようございます、今日は久しぶりに映画を見てきました。

何を見たかというと、映画「のぼうの城」を見ました。

この映画小説の大ヒットで映画化された作品らしかったですね。

主役の松之山でもおなじみの、狂言師 野村萬斎さんの演技は自然で良かった。

本当に古典をやっている人間は、昔の衣装が似合うし、立ち振る舞いが自然です。

今回はその自然さが仇となりました。

キャストは????が多かった、例えば知恵者 石田三成に、おバカタレントの上地雄輔さんじゃ無理があるでしょ。

百姓の妻役で結構重要な役どころに尾野 真千子さんとか、お転婆姫に榮倉奈々さんとか、少し無理があるでしょって感じでした。

この映画、噂によると水責めで津波に近いシーンがあるので、公開を1年先送りにしたと聞き及んでいたが、何であの取って付けたようなシーンが必要なのか????でした。

正直、脚本の内容もアイディアも素晴らしいと思います。
それに、一部の出演者も頑張っていたと思います。

でも、キャスティングや内容の完成度の低さが、駄作にしてしまった惜しい映画だと思いました。

もう1回撮影したらいい映画が撮れそうですね、頑張れ日本映画!

今回はエールを込めてあえて厳しいコメントになりましたが、見ごたえのある作品でしたよ。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。
このブログはンキング↓に参加しています、クイックして応援頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ