2012年11月4日日曜日

大人気のリンゴ

今朝のリンゴ畑

おはようございます、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。

今朝はもう一仕事してきました。
実は昨日から、長野県飯綱町産のリンゴ販売始めました。

おとい取りに行ってきた、シナノスイートという品種です。
約10日分のつもりで持ってきましたが、何と一日で完売してしまいました。

いつもお願いしている農家は、飯綱町の小林さんのリンゴをお願いしています。
小林さんは低農薬栽培で、さらに肥料も栽培方法も物凄く研究しています。

丸茂ファームは小林さんと、宮本さんの2軒で作っている販売窓口ですが、実は宮本さんはリンゴ栽培指導員で活躍している方です。

だから、最新の栽培方法を熟知しているんですね。
話をいろいろ聞かせてもらうと、リンゴ栽培も進化しているんですね。

例えば、フジという品種は最も一般的なリンゴになりましたが、今売っているフジは小林ん曰く収穫が早すぎるって言うんですね。

蜜もすでに乗っているんですが、これから林檎に甘みが乗るって言うんですね。
だから、小林さんのフジはまだ全然収穫していません。

早くて収穫は10日過ぎだと言っていました。
それだけではありませんが、だから、丸茂ファームのリンゴは美味しいんですね。

朝から、小林さんの所に行ってきました。
今回、ナステビュウ湯の山で販売しているリンゴは、小林さんのシナノスイートです。
上品な甘さと、歯触りがとても良いリンゴで一時は高級品としてでまわっていました。

非常に美味しいリングなのですが、欠点もありまして、保存性に欠けるって事です。
温かい場所に置いておくと、10日位でボケちゃいます。

ですから、冷蔵庫で保存するのが一番いい方法なんですね。
それが駄目なら、日陰の寒い場所が良いですね。

今朝は早起きをして、まちゃ小林さんの所から十分なリンゴを譲ってもらってきました。
売店で販売していらら、是非試してみてください。



今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。
このブログはンキング↓に参加しています、クイックして応援頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ