2012年11月28日水曜日

常識からの脱却

おはようございます、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。

最近、新聞折り込みやフリーペーパーに忘年会プランを募集していますね。
あっそっか、忘年会シーズンなので皆そうやって集客しているんだ・・・

あっ・・・・・・・・・・・・・・
全然考えていませんでした。
まっ当館は個人やファミリーが主の施設ですからね。
あんまり、ガツガツしなくてもね。

さて、忘年会のチラシをみて気が付きました。
何処も料理の写真と値段ばっかりのオンパレード。

これじゃ、どこを選んでいいかわかんないよ。
忘年会の会場の決定権って誰があるんでしょうか?
            ↓
          幹事さん
もし、私が幹事さんだったら、気になる事は。

1、どの位の料金で収まるんでしょう。⇒予算
2、何人ぐらい収容できるんだろう。⇒会場
3、送迎はしてもらえるんだろうか?
4、場所は何処だろう?
5、お店の雰囲気は?
6、お店のシステムは?
7、お店のスタッフさんは?

と言う事が気になりますが、それについて解決できているチラシはあまりに少ない・・・と言うか皆無に近いのです。

チラシ制作会社の皆さんやオーナーの皆さん。
反応の良くなるチラシの作り方の基本は

●誰に
  ↓
●何を訴えて
  ↓
●どうして欲しいか?

という超基本的な感じだと思うのですが!
では?今回の忘年会のチラシは誰に向けるか?

●忘年会を企画している幹事さんに
  ↓
●お店の雰囲気とスタッフを知ってもらって
  ↓
●電話で予約やお問合せをして欲しい。

となると思うんですね。
そうなると、幹事さんが忘年会の会場を決めるのは10月ごろから11月にかけてだと思うのですね。
だったら12月にチラシを出しても、もう遅いと思いません?
そう言った視点が全くない気がします。

みなさ~ん、これから新聞に忘年会の折り込み入れる会社は何にも考えていない、おバカな施設って事に成りますから、当然サービスも期待できません。

だから、逆に行くのは止めませんか?

こんな、事と考えているのは僕だけか?

商売の邪魔してしまったらごめんなさいね。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。
このブログはンキング↓に参加しています、クイックして応援頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ