2012年10月31日水曜日

優秀なカラープリンター

このA3プリンターを2台所有して使っていました。
おはようございます、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。

今日は長年悩んでいたカラー印刷について、決定版のプリンターがありましたので、紹介ます。

当館は結構印刷を行うんですね。
その際に悩みになるのは、印刷コスト。
コピー機で印刷すると、A4版(今後は全てA4に印刷した場合のコストで話をします)
で約10円弱費用が掛かります。
カラーで20円程度だと思います。
つまり、カラーのA4用紙を100枚印刷すると、そのコスト(主にインクやトナー代)は2,000円もかかってしまうわけです。
一時的には我慢できても、恒常的に使う場合は馬鹿に出来ません。

特に当館のように、POPから販促まで、大量の印刷を行います。
以前はEPSONインクプリンター のPM-4000PXを2台交互に使っていました。
何故2台必要かというと、頻繁に故障して修理している管の予備機って感じで使用していました。
インクは純正だと非常に高いので、自分で詰め替えして使っていました。
それでも、インク代は月2~3万くらいは掛かっていたかと思います。

そのプリンターが2台とも修理不能になった時、仕方なく後継機にEPSONのビジネスプリンターを買いました。
安かったですね、確か3万もしませんでした。
所が、1ヶ月もしないうちに、紙送り部分に不具合が出て使い物になりませんでしたので、すぐに廃棄しました。
安物買いの銭失いになってしまいましたね。

今の相棒のリコーIPSiO GX e7700です。
その後、調べてみましたが、どうもリコー IPSiO GX e7700が評判も良くてよさそうでした。
ビジネスに必要な要素である接続は有線LAN,USB対応しているし、対応最大用紙:A3サイズ  まで印刷できるのでPOPも楽々で、大量印刷には給紙カセットも付属しています。

さらに優秀なのが、インクカセットが大容量で、かなり大量に印刷しても交換の必要が無いって事です。
今まで使っていたプリンターの10倍くらい持つ感じです。
さらに、印刷コストですが、モノクロもカラーもめかー発表だと約5円位だそうです。

しかも、内緒なんですが社外品の完全対応のインクが約半額の価格で販売されていています。
要するにそれを使うと、コストも半分になると言う事です。

これでは、コストは問題ないのですが、後は故障ですが、当館の場合半年以上フルで使っていますが、まだ故障していません。

欠点は価格が高い事。
本体と、紙送りのオプションを買うと約10万弱になります。
でもこの位の投資しても、大量に印刷する企業さんは1年もたたないうちに元は取れるのだと思います。

印刷スピードはインクジェットにしては早いですね。
欠点は写真とか印刷しても、あまり綺麗じゃない事ですね。
でもPOPとか使う場合は全く問題ないと思います。

今日は印刷コストに悩んでいる企業の方に、当館の取り組みを紹介しました。


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。
このブログはンキング↓に参加しています、クイックして応援頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ