2012年10月16日火曜日

猫は2匹飼い!


こにちは、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。


実は我が家では2匹の猫を飼っています。
それは、1匹も2匹飼いもさほど手間は変わらないということと、一番大きな理由は、ある人がきっかけです。
元気がないんですよ!
ペットって犬でも猫でも大体12~15年の寿命なんですね。
以前でも、犬を飼っていたとき、お別れのときはとても辛かった!
でも、2匹飼っていたら、万が一のことがあってももう一匹残ってくれるので、少しは気が紛れます・・・と言うか、寂しさや悲しさも和らぐと思うのです。

という理由から、我が家では常に猫2匹飼いを行っています。
でも、前の猫が亡くなって、しばらくはそんな気になれませんでした!
半年くらいたって、今の猫と衝撃的な出会い・・・・多分!

だいぶ悲しみも慣れて来た頃、たまたま、ホームセンターに可愛い子猫がいました。
その事を女房に話をしたら、暇だし見に行こうということになり、再度ホームセンターに!

係員の方にお願いして抱っこさせてもらったらもうダメみたいです。
可愛い→どうしても飼いたい!と言う事になって、その日のうちに買っちゃったですね。
安くなかったのに、衝動買いですよ(笑)

そんな感じで、また2匹飼いが始まりました。
結構性格も違うので、買っていて楽しいです。

新しい家族はラグドール(ラグドール=ぬいぐるみぬいぐるみのように柔らかな手触りの猫)という品種の猫だそうですが、以前から飼っていた猫はオスのノルウェージャンフォレストキャットと言う珍しい種類の猫です。
やはり、個体数が少ないせいか、近親交配の影響?
良くわかりませんが、6歳の時腎臓病を発病しました。

最近まで、飛び回って元気だったのに、急に具合が悪くなり、動物病院に入院しちゃいました。
その時は薬で何とか回復しました。

でも、先生から、この薬を長期間服用すると、副作用でほかの臓器に負担が掛り、最後は多臓器不全状態になりますから、と説明を受けていました。

おおよそ、3年程度と文献には書いてあります、ともお話をお聞きしていました。

それが、今年の猛暑の影響でしょうか、最近体調を崩し、動物病院のお世話に。
やはり、肝臓もかなり弱まり、黄疸の症状も出ているそうです。
現在は自宅にいますが、毎週体重が100gくらい減っています。

腎臓病発病から5年間も薬を飲み続けてきましたが、このままだと冬を越すことはできないかもしれません。
忘れていましたが、猫の二匹飼いは、猫が病気にかかる確率も2倍になる訳でした。


今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。
このブログはンキング↓に参加しています、クイックして応援頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ