2012年9月19日水曜日

新しい温泉管がやってきた。

こんちは、今日は休館日なので館内はお休みなのですが、実は久しぶりの休館日でやることが山積みです。

まず、避難訓練。
万が一の時に備えての準備です。
そして、救急救命
これも、万が一に備えての措置です。

実は今日新しい温泉管がやって来ました。
今年の秋に温泉管の増設工事を行います。

今まで使っていた温泉管を予備として、新しい温泉管をメインに使います。
今度は何が変わるの?

まず、運搬できる量が増えます。
当館の使っている温泉の井戸は、自噴量は250ℓ/毎分以上あります。
それを現在は150ℓ/毎分程度しか使っていません。
何故か?一番大きな理由はそれしか来ないからですね。
配管が温泉の成分によって、動脈硬化というか、狭くなりそれ以上温泉が来なくなってしまったんですね。

今回は秘策があって、今後はそうならない予定です。
それにパイプ口径も75㎜から100㎜アップです。

さらに、新しいパイプは保温性に優れ、今度は今までは配管で20℃も温度が低下していたのが、今度は2℃程度しか低下しないのだそうです。

そうなると問題も起きます。
当館は水で埋めて適温にしているわけではなく、地下水と熱交換によって温泉の温度を下げているんです。

だって、出てくるとき殆ど沸騰状態ですよ。
井戸の出口で96℃位あります。
それが、ほぼそのままの温度で来るわけですので、今度は大変です。
どうやって温度下げましょうか?
熱交換しかありません、そうなると地下水も大量に必要になってきます。

来年は地下水の開発も必要になってきます。

最後に、温泉管は当社の持ち物ではなく、本社の持ち物です。
だから、費用負担はありません。
自腹だった絶対工事は出来ません。
本社の皆さん、ありがとうございます。



今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。
このブログはンキング↓に参加しています、クイックして応援頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ