2011年10月27日木曜日

日本がテロ攻撃を受けているのを知っていますか?

9.11の同時多発テロはあまりに大きな衝撃でした。
あれは、アメリカの事・・・・
と思っていませんか?
実は日本政府も現在テロ攻撃を受けているのです。
サイバーテロという形ですが、先日も衆議院のサーバーが不正アクセスを受け、メールなどのパスワードなどの情報が流失した恐れがあるそうです。
この情報で議員などのメールがすべて他人にも読める訳で、深刻な問題です。
また、サーバー機能をなくす攻撃や、個人にウィルスメールや大量のデーターをメールで送って機能させなくする攻撃なども受けているらしい。

外務省の情報システム担当者は26日、海外の一部の日本大使館のコンピューターも攻撃され、電子メールの添付ファイルに入っていたウイルスが外務省のサーバーに侵入したことを明らかにした。25日には、経済産業省がコンピューターウイルスの標的になったことが明らかにされている。

このように、リアルに攻撃しなくても、情報網を攻撃しただけでかなりの打撃を与えることが出来ます。
これは、政府機関だけではなく、企業も例外ではないのです。

これからの戦争は、まずその国の政府機関のサイバー攻撃をして、それから企業や通信網を攻撃して、リアルに軍事行動に出るパターンが主流になりそうです。

ああ、怖い世の中ですね。



人気ブログランキングへ←クイックしてもらうと元気が出ます。 応援よろしくお願いします。