2011年10月16日日曜日

世界に通用する女性 櫻井よしこさん。

日本の女性は世界の中でも1流でで活躍する人が多いとブログでも取り上げてきました。
今回はジャーナリストの櫻井よしこさんを取り上げてみたいと思います。

私は彼女の澄ました顔をして、厳しい本質発言をする凛々しい姿に共感を覚えています。

彼女は日本人の両親から戦争で混乱している時代にベトナムで生まれました。
その後、中学高校時代は新潟県の長岡で育っています。

あまり知られていませんが、世界的なジャーナリストの一番大事な中学高校時代を新潟県で過ごしています。

彼女は中国がすこぶる嫌いのようです。
例えば靖国参拝問題では→YouTube

最近週刊ポストに外交問題についてでは
09年9月に首相に就任した鳩山由紀夫氏は普天間飛行場移設問題で、日米合意を覆して「最低でも県外」と主張しました。
しかし、彼には何の腹案もなく、日米関係を決定的に壊しただけで首相の座を降りました。
この間、日米関係は正式の形で日米首脳会談が一度も行われいないという非常事態に陥りました。
後を継いだ管直人首相は、日米関係の重要性を言葉ではいいましたが、実際には何もしませんでした。普天間問題は一ミリも動かず、米国から求められているTPPも口ではやると言いながら放置しました。
と民主党を批判しています。
私も最近お粗末の総理大臣が多いのですが、私のランキングでは歴史上最低の総理大臣は「鳩山由紀夫」氏だと思います。

あまり過激な発言するのがタブー視されている中で、これほど明快に自分の主張と日本の外交と安全保障の国難を発言している方も少ないのではないでしょうか。

論理的で知的な彼女の発言は非常に説得力があり、私は好きです。

もう少し知りたい方は櫻井よしこのブログにどうぞ。


人気ブログランキングへ←クイックしてもらうと元気が出ます。 応援よろしくお願いします。