2011年10月5日水曜日

小松原湿原の紅葉


昨日、午後から小松原湿原に行ってきました。
目的は勿論、紅葉の写真撮影です。
参考までにルートは大場の林道をゲートまで車で行って、そこから林道をひたすら湯沢方面に歩くこと約10キロ弱6キロから8キロぐらいでしょうか?
時間にして2時間弱で、登山道の入り口に差し掛かります。
この登山道、あまり整備されていない感じで、両側から小枝が張って、天井が見えない感じです。
まるでトンネルを通っている気分になります。
あまり急こう配の場所は少ない代わりに、木道は滑りやすく、雨の日などかなり慎重に歩かないと痛い目を見そうです。
登山道を歩くこと1時間ちょっとで小松原湿原に到着します。
湿原も一か所に集まっているのではなく、点在した湿原を渡り歩く感じです。
登山道は見通しが開けていないので、湿原につくと解放感がいいです。
それに湿原の周辺だけ紅葉が進んでいるようで、ちょうどいい感じです。
ただ付近の山々を望むとまだ紅葉は早いようです。
苗場の山頂はなぜか雪化粧をしてます。
2,000メートル級の山は初冠雪を記録したようですね。

私が家を出たのが午後からでしたし、湿原に到着したのは夕方5時頃でした。
夕日の写真を撮影していると、真っ暗になってしまいました。
本日は小松原避難小屋でお世話になるつもりです。
何とか、避難小屋に着いた頃は闇夜で、月と星々が綺麗でした。

本日は夜間撮影もチャレンジする計画でしたが、夜中に星空を見ると曇り始めていたので夜間撮影は中止です。
朝4時起床、避難小屋をお掃除して朝の撮影に出発です。
もっと暖かい時期だと避難小屋で一人孤独を楽しむのもいいかもしれませんが、今の時期すぐ近くに雪がある状態で、夜中は気温も5度以下になります。
少し寒すぎるかな?

そして今朝の撮影ですが、手ごたえありでした。
先週の苗場山頂よりははるかに手ごたえを感じて帰ってきました。
来年は7月上旬にまた行きたいと思っています。
尾瀬ほど広くありませんが、近くにある素晴らしい場所でした。

人気ブログランキングへ←クイックしてもらうと元気が出ます。応援よろしくお願いします。