2011年9月16日金曜日

東北3日目


峩々温泉は蔵王の中腹にある一軒家の温泉宿です。
何があるわけでもなく、非常に景色が良い訳でもなく、人里離れた場所にひっそりと佇む旅館です。
しつこいですが、携帯も使えません。
テレビを見てもつまらないので、自然とのんびりしてしまうんですね。
気が付くと、温泉も施設も食事も上質なんですね。
気がつくと贅沢な時間を過ごさせてくれる、不思議な温泉宿です。

ただ、我が家の奥さんは、階段が多くて優しくない旅館だと言っていました。
と言うのは、ここは斜面に建っていて、一番上の階まで階段が55段もありました。
お食事や、お風呂の度にその階段を上り下りするのはしんどいのだそうです。
余談です(笑)

お陰さまで、最後は水出しコーヒーを頂き、元気に出発することが出来ました。
どうせ帰るなら蔵王のお釜を見てと言うことで少し寄り道して帰りました。



管理の人に話を聞くと、お釜の周りは約1キロだそうです。
元技術屋の私はすぐに直径を計算してしまいまいた。
円周は2πRだから(Rは半径)
お釜の直径は1,000÷π(3.14)=約300メートルとなるわけです。
遠くから見ると、それほど大きく感じませんが、私は直径300メートルの世界最大の露天風呂に見えました。
恐らく水質は良質温泉に近いのでしょう。
勿体ないなと感じるのは私だけ???

そして、変なリフトも発見・・・・・・・・・・・・・
その名「お釜リフト」
ええ、ニューハーフしか乗れないリフトなの??
なんて言いながら盛り上がって帰ってきました。

今回の東北旅行で感じたことは、地震の影響は々東北でも、日本海側はそれほどでもなく、かなり元に戻立つあるように感じましたが、太平洋側はまだまだ傷痕は深く癒えていない感じがしました。
同じ業界の人間として、少しでも早い復興をお祈りしております。





人気ブログランキングへ←クイックしてもらうと元気が出ます。応援よろしくお願いします。