2011年8月28日日曜日

雪だるま財団!頑張れ


雪国にとって、邪魔物の雪を利用しよう、いち早く利雪を提唱して行動した人物がいます。
その人は元安塚町の町長の矢野学さんです。
そんな事無理じゃないかと考える人が多い中、必ずできると信念で行動をしてきた人なのです。
その1つの形が「雪だるま財団」なのです。
矢野さんは、上越市の市会議員から、現在は新潟県議会議員としてご活躍中です。
町長→合併→上越市議会議員→新潟県議会議員というのが主な経歴ですが、上越市で旧安塚区と言ってもほんの一握りの人口しかいません。
そんな地元票が期待できない場所から、さらに70歳という年齢を押して、初めて県会議員の選挙にチャレンジしてトップ当選してしまった人物です。
本日もお話を聞く機会がありましたが、幾つになってもチャレンジャーです。
その彼が育てたのが「雪だるま財団」なのです。

実は私も以前の職場「建設関係」で雪だるま財団がプロデュースした仕事を2件ばかりやらせていただいた縁でお付き合いが続いています。
現在は、全く仕事は関係ないのですが、今回当館でやったイベントの真夏の雪お宝展でも、本当に貴重なノウハウを沢山教えていただいました。
また、機材もお借りしました。
本日は、その雪だるま財団の公益法人移行パーティに招かれ行ってまいりました。

その中に写真の女性がいました。
この美女は誰だ・・・・と説明すると長くなりますが、彼女は新潟のNHKに勤務していた際大変お世話になりました。
お名前を「荒木美和」さんと申します。
大変義理堅い方で、現在も年賀のご挨拶を欠かさず頂いております。
現在は大阪NHKに勤務で新潟からTVで彼女の姿を見ることはできなくなりましたが、昨年まではNHKの番組で「テストの花道」などに出演されていました。
是非応援してあげてください。