2011年4月29日金曜日

連休中の超お勧め映画

日帰り温泉の社長が自分の施設の事をさておき、連休中に映画を進めるのも変な話ですが・・・・


まあ、あまり深く考えないで紹介しちゃいましょう。


RAPUNZEL03 現在上映中の映画で、家族で見るのにピッタリの映画は「塔の上のラプンツェル」ですね。


ディズニーの3Dアニメ映画ですが、実によくできています。


正統派のファミリー映画ですが、本当に良くできています。


デートでも家族ずれでも楽しめますが、男だけで見る映画ではありませんのでご注意ください。


気に食わない点は3Dという点ですが、どうしても3Dメガネを掛ける訳で、その分画面が暗くなり見にくくなります。


3D-見にくさ-料金UPを差し引いても優位性があるのかどうか疑問です???


まあ、映画が良いので許してあげましょう(笑)


 


WS000002 次にビデオ/DVDで見てもらいたいのが「インビクタス 負けざる者たち」です。


この映画は南アフリカのマンデラ大統領の実録的な映画ですが、感動します。


特に主演のモーガン・フリーマンがマンデラ大統領に見えてくるのが不思議です。


また、当時無名のマット・ディモンも光ってます。


どんなな苦境に立っても信念を曲げずに正しい道を進んだ当時の南アフリカのマンデラ大統領は歴史的に残る名政治家なのかもしれません。


どこかの迷総理大臣に見てもらいたい映画です。


 


 


 


 


 


Img_548019_9140128_0 誰が何と言おうと絶対好きな映画は「史上最速のインディアン」です。


個人的には主演のアンソニー・ホプキンスは今回いい人の役を演じきってますか、私はどうしても「羊たちの沈黙」のレクター博士を思い起こしてしまいます。


内容はお話しませんが、あまり有名ではありませんが本当に隠れた名作なんです。


何といっても、実話に基づいた映画なんですよ。


作った物語ではなく、本当に実在したというところがすばらしいです。


今回は3本の映画をお勧めしましたが、実際見て詰らなかった、などというクレームは一切受け付けません。


どの映画も詰らないわけがない映画です。


もしあなたがそう感じたなら、それは貴方の心が貧しいからなのではないでしょうか(笑)