2011年2月8日火曜日

どうなる、大相撲

A0002_000798 最近のニュースの話題と言えば、大相撲の八百長問題が大きく取り上げられていますが、どうなるんでしょう。


八百長相撲の問題は過去に何度か取り上げられました。


私が一番覚えているのが、元力士の板井さんの証言ですが、当時は物的証拠が無くてうやむやに。


ですが、今回は携帯メールと言う物的証拠が警視庁から発覚した訳で、言い訳出来ずに当人も、相撲協会も認めざる得なかった訳です。


私は思うに相撲に関する不祥事は今回だけではなく、大麻を吸ったと麻薬問題があり、新潟県の青年が稽古中に死亡すると言う、見方を変えれば殺人とも取れる事件もり、さらに最近野球賭博とそれに関して、恐喝が明らかになり、今回の八百長問題とよくこれだけ次から次とでたなと思います。


並べてみると、「麻薬」「殺人」「賭博」「恐喝」「八百長」となるわけです。


何か一流暴力団組織顔負けの内容になってしまいますね。


国技大相撲と言うけど、すでに力士の皆さんも外人力士が台頭し、国技を外人部隊が主力を占めている変てこな組織になってしまって、おまけに様々な問題を起してしまっていては、すでに国技の資格無しと言われても仕方ないと思われます。


いくら大相撲と言え、再出発するか、解体するかしか道は無いと思います。


プロレスが八百長を全くやっていないと思っている人は少ないと思います。


(プロレスが八百長をやっていると言う事ではありません。)


あくまでもショーでやっているのであって、あんな巨体が本気出したら毎回死人が出そうです。


相撲にももっと寛容な見方をしてもいいという人もいますが、私は今回の問題だけではなく、何か相撲組織の根幹が腐ってしまっている気がしてなりません。


皆さんはどんなご意見をお持ちでしょう?


ちなみに、私は相撲よりボクシングファンで、世界のエキサイトマッチを見たいが為にWOWOWに加入している位です。