2011年1月20日木曜日

可愛いお客様

_MG_2081 年末から降り続く雪のため、ぜん~ぜんお客様がおいでになりません。


吹雪とか、雪の日はやっぱり松之山まで来るのが大変なんでしょうかね。


逆に込み合っているのが嫌、施設を独占したいと思っている方、今がチャンスですよ。


さて、雪が降り続けると大変なのは人間だけではなく、野鳥にとっては死活問題です。


ある、野鳥の写真家に聞いたら、豪雪の年にはえさ不足でかなりの数の野鳥が命を落とすという話を聞きました。


やはり自然は厳しさと美しさの両面を持っている。


そして、その中で必死で生きている、動物も植物も美しのかもしれません。


そんな話を聞き、冬場だけ自宅に野鳥の餌場を作ってあげています。


何をあげているかというと、ハムスターの餌のヒマワリの種、鳩の配合飼料、小鳥のえさ(むき餌)の3種類をあげています。


茶の間から丁度見える場所ですが、今盛んに来ているのが、スズメとシジュウカラですね。


シジュウカラは20匹ぐらい、朝から晩までいます。


今までに、山鳩、ヤマガラ、カケス、オナガなどが訪問してくれています。


最近は慣れたのか、窓にレースのカーテンを引いただけでも、普通にえさを食べに来ます。


写真も今日撮影た物ですが、ガラス越しでしたが2メートルぐらいしか離れていません。


愛らしい姿のシジュウガラですがシャッター音を気にするでもなく、普通にえさをついばんでいました。


よく見ると、足にはちゃんとヒマワリの種を持っているのがわかりますか?