2011年1月4日火曜日

飲食の持ち込みが禁止になりました。

唐揚 開業以来、持込自由で営業してきました。


当初は食事は一切出しておりませんでした、館内で販売していたのは数種類のお弁当だけと言う形態でした。


必然的にお客様の持込を自由にしなければ、成り立たない状況での営業形態でした。


ところが現在は不自由なく一通りの飲食物を提供できる体制が出来てきており、お客様にはそれほど不自由をおかけしないで済むようになりました。


飲食物持込の最大の問題点は臭害です。


たった一人、臭いの強い飲食物を持ち込んだだけで、広い広間全体に臭いが立ち込めます。


忘れもしない、今から3年半前始めてこの施設で働き始めたとき、広間から何ともいえない、色々な食べ物がミックスした変な臭いが立ち込めていました。


これではお客様がリラックスできる環境ではないと強く思いました。


あれから、3年も何もしなかったのか?と思われますが結構やっていました。


まず、漬け物の持込を禁止して様子を見ました。


それから、売電で販売しても臭いのために館内で食べれない品目も決めました。


保険所にも相談したり色々努力はしましたが、最終的には時間が掛かっても持込を禁止して、お客間にご理解いただくことにしました。


お客様の反応で圧倒的に多いのは、自分の品物を売るために持込を禁止したとお考えの方が多いようです。


全くそのようなことは考えていないと言えば嘘になりますが、主目的は臭害対策です。


この事はいつかお客様のもご理解いただけると思っていますし、お客様にあまり負担をおかけししないよう、実は自動販売機のビールの価格を下げたり、食堂の値段を少し下げたりもしております。


今後のナステビュウ湯の山を長い目で見守って頂き、ご協力頂ければ幸いです。