2010年12月2日木曜日

心臓の弱い方は、見ないで下さい。

Image1 今日は休館日にもかかわらず、結構お客さまがお見えでした。


お客様の立場になると、折角来たのにお休みだとショックですよね、結構対策はやっているつもりですが、何とかならない物でしょうか?


さて話は変わりますが、実は私は大変なドジなのです。


だから、切り傷などは頻繁に作ってしまいます。


所が今年の9月には、左手に結構大きな傷を負ってしまいました。


その時の写真と現在の写真を比べました。


怪我の状況写真は医者で治療前に撮影した物。


ナゼ撮影したかというと、奥さんに報告する為にです。


怪我したので医者に居ます→どの位の怪我?言葉では分からない?→写真を送れば正確に把握できるはず。と思ったので写真を撮ってメールで送りました。


普通の夫婦だったら、奥様が気持ち悪がるかもしれません、でも我が妻は元看護士


しかも、手術室にも居たことがあるらしく、多少の傷口では動じません。


今回UPした写真女房は平気でも、皆さんにはあまりにグロくて、そのまま公開できなくて画像処理をしましたが、どうしても見たい方はこちらの画像をご覧下さい。


でも心臓の弱い方、絶対見ないで下さい。自分で言うのもなんですが、かなり気持ち悪いです。


幸運にも神経も筋も骨も無傷でした。ある程度直ってから温泉に浸した成果でしょうか?あれほどの傷が殆んど分かりません。


自分自身では、相当の傷跡は覚悟したのですが、本当に綺麗に直ってビックリです。


もしかすると、私はトカゲの再生力を持っているのかもしれないと思えるほど。


でも、これは殆んど温泉のお陰だと温泉ソムリエの私は信じるのです。