2010年7月10日土曜日

苦情を頂きました。

昨日のアンケートに苦情を頂きました。内容は


「ぬるい。松之山=熱い風呂だと思います。椅子や桶が良くなりましたが、好みではないです。」と言う内容です。


桶や椅子も新しく変えたけど、お客様は好みではないと言うことなのでしょうか?


大部分のお客様には好評なのですが、駄目でしょうか?全てのお客様にご満足頂ける事の難しさを感じましたが、


お湯の温度は、最近考えがあって少し低めの設定で運用しています。


今月の「湯の山新聞」にも詳しく書きましたが、昨年は年間を通じて42℃で運用してまいりました。


振り返ってみますと、昨年の今頃は毎週末には、気分が悪くなった、または急に倒れたなどで、お風呂からヘルプブザーの呼び出しがありました。


しかし、今年の6月はそのような内容の呼び出しは一件もありません。


勿論7月に入ってもおなじです。


それは設定温度を1℃下げて運用している事も大きく影響していると考えています。


そうです、私どもの施設では入浴リスクと健康の為に少し低めで運用しています。


詳しくは湯の山新聞に詳しく書きました。本来なら門外不出の資料ですが、今回はインターネットで公開します。


何故!!公開していないかと問われると、辛いですが、実は誤字脱字が多くて、恥ずかしくて公開できないと言うのが主な理由です。すみません<(_ _)>湯の山新聞 第31巻をダウンロード