2010年6月15日火曜日

飲食の持込について。

RIMG1103 今回アンケートでお叱りを頂きました、原文のまま掲載させて頂きます。


々のお客さんも食べ物を持ってきていますが、今回私たちはキムチの漬け物を持ってきましたが、


食堂の店員から「においの強いからやめて下さい」と言われた。


みんな食べ物には匂いがあると感じますが、今回は立腹しました。


だから食べ物の持込はなくしたほうが良い!!


ものすごく良くない気持ちが悪いから、もう来店する感じはないです。


ポイントカードは返します。


以上原文のまま掲載しましたが、怒りのこもった内容で当館としてもショッキングした。


当方の説明不足もありますが、お客様も当館のシステムを誤解している節が有ります。


事の発端は、あるお客様が帰り際、場所の指定をされ、ある人がキムチを持ち込んでいて、凄いにおいで不愉快だった。


といわれたのが発端でした。


当館は持込自由で、開店以来営業してまいりましたが、昨年秋社内で漬け物の匂いが大広間に充満して、不愉快だと言う越を多く耳にするようになりました。


社内で検討しましたが、一長一短で妙案が出ませんでした。


経営者にしてみれば、この機会に持込全面禁止にした方が、売り上げも上がりそうです。


しかし、創業以来続けた理念を一方的に変えてもお客様の支持は得られないと感じております。


最終的には、人の多く集まる前提の場所で、人に不愉快の思いをさせる行為には正当性も正義もないし、施設としても積極的にアピールしていく事で決着しました。


そこで、新しいルールで昨年の12月から運営しております。


●ナステビュウ湯の山ご案内(お客様とのお約束事)
○暴力団並びにその関係者と見なされる方、イレズミ、タトゥーのある方、泥酔の方のご入場はお断りいたします。
○ペット類と同伴してのご入場はお断りいたします。
飲食物の持ち込みは原則的に自由ですが、お漬物と匂いの強い飲食物のお持込みは固くお断りいたします。
○皮膚に疾患のある方、また他に伝染する疾患をお持ちの方のご入場はお断りいたします。
○駐車場や店内での事故、盗難などについては責任を負いかねますので、ご了承ください。


入り口の2つの案内にもお知らせにも記載してありますし、漬け物の持込禁止のご案内は、休憩所の数箇所にPOPでご案内と全ての机に注意書きとして貼ってあるのでご覧になっていただければ幸いです。


この件では何故施設内で漬け物を売っているのに、持って来てはいけないのか??


と言うご意見も頂いておりますが、当館で販売している漬け物の匂いはコントロールできます。


匂いが強い漬け物は館内で食べないで下さいとか、販売リストから外す事も出来ますが、


お客様のお持ち頂いた漬け物は、殆んど匂わないものも有りますが、逆に凄いにおいのするものも有りますので、全て持込禁止の処置を取らせて頂きました。


一部のお客様にはご迷惑やご不自由をおかけしますが、規制の趣旨をご理解頂き、ご協力をお願いいたします。


ちなみに、食堂の店員は私(代表取締役)でした。不愉快な思いをさせて大変申し訳ありませんでした。